×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Nabizのサイドビジネス日記。 ご訪問ありがとうございます!当サイトでは広告登録先(ASP)の紹介・解説はもちろんのこと、
フリーアドレスや無料HPスペースなどのあらゆる種類のサイト運営に欠かせない各種お役立ち情報
わかりやすさをモットーに解説・掲載しています。
MENU
++++   更新    ブログ
++++ 第1部  はじめに
++++ 第2部  サイトを作る
++++ 第3部  広告を収入に
++++ 第4部  *アクセスアップ*
++++ 番外編  特集ページ  
推奨環境
win IE Firefox
size

Google
Web nabiz
サイト内記事の検索ができます。
相互リンクの完了やリンク先の変更のお知らせ
(宣伝や当HPに全く関係のない書き込みはご遠慮ください。)

このページ重いよ(遅い)!って人は。  

第4部
アクセスを増やすには


LINX


このHPは主にFirefoxで
動作確認しています。


■免責■
このサイトに記載されている
情報・データ及びリンク先に
関しては自己責任にて
ご利用ください。
■リンク■
リンクフリーですが
リンクしていただける
場合は下記アドレスから
ご一報下さい。
■著作権■
当HPに関する著作権は
製作者に帰属します。
なお相互リンク先の内容及び
広告等のデザインに
関してはその出所に帰属します。
■MAIL■
お問い合わせは
メールでどうぞ。
Since 2005.01.01
(C)Copyright Nabiz
All rights reserved.


Copyright 2001~ Bloom.
All rights reserved.


bloom

レンタルCGI
++++SEO対策 ++++
もはやアクセスアップについて語る上では避けて通れないSEO対策についてです。

-----------------------------------------------------------------------
検索エンジン最適化(けんさくエンジンさいてきか)とは、ある特定の検索エンジンを対象として検索結果でより上位に現れるようにウェブページを書き換えること。またその技術。
英訳の "Search Engine Optimization" の頭文字を取って SEO とも呼ばれる。
日本では、2002年後半から検索エンジン最適化業者が台頭しはじめた。中には特定の検索エンジンの上位20位以内に確実にランク入りするとうたう業者もある。特に日本では利用される検索エンジンの多くはGoogleであるため、検索エンジン最適化=Googleへの最適化と言っても過言ではない。
必要以上の最適化は、検索エンジンのランキングを恣意的に偏向させることになるため、問題化している。
検索エンジン最適化業者の利用する手法は様々だが、適切なキーワードをタイトルやページ先頭に持ってくるというのが基本的な手法である。ただし業者によっては、検索エンジンスパムと呼ばれる手法を利用するところもある。一例をあげると、サイトと無関係なキーワードを大量に埋め込んだり、ドアページと呼ばれるページを大量に作成する行為である。検索エンジンスパムを利用したことが発覚すると、逆に検索エンジンのインデックスから削除されるなどのペナルティを受けるので注意が必要である。
ウィキペディアより〜

-----------------------------------------------------------------------

ここで質問をひとつ。

ネットで何か調べたい項目があるとき、どうやって調べますか?

この質問についてほとんどの人は「Googleを使う」と答えるでしょう。
それくらい現在のネットにおけるGoogleの重要度は高まっています。

Googleで検索ワードを入れると検索結果が順に表示されますよね。
当然その場合上から見て行くのが自然です。
なぜなら検索エンジンを使う人は

「上位に表示されるサイトの方がより自分の求めている情報に近い事」を 分かっている

からです。
(もちろん下の方に探している情報があることも十分ありえますが)

これはこの後のランキングの所で述べますが、ランキングは上にいればいるほど有利です。
しかし、どうやってGoogleなどの検索エンジンは順位をつけているのでしょうか?

係の人がチェックしている?

…そんなはずはありませんよね。
そんな事をしていたら人間がいくらいても足りません。
HPは世界中に数え切れないほどあるわけですから。
ではどうしているのかというと

Googleのコンピュータが定期的にWeb上を巡回(クロール)してチェックしているのです。

ですからこのコンピュータの判定基準に従ってページを作れば検索上位に
表示されやすいという事なのです。
その為の対策(Webページの作り方、書き換え方)をSEO対策と呼んでいるわけです。

++++SEO対策やらない方がいいこと ++++
===============================================
【最悪の場合永久追放の可能性も。】
===============================================

まずはやらない方がいい事から取り上げます。
これが含まれているサイトはSEO的に不利になる事があります。

・SEOスパム
これはSEO対策を意図的に過剰に施したサイトの事を指します。
やり方についてはあえて書きませんが、サイトに全く関係のないキーワードで
検索エンジンに引っかかるようにしたり、訪問者を意図するページに誘導するためのページ
などがこれにあたります。
これが検索エンジン側にバレた場合(通報された場合)永久に検索対象から除外される
ということもあるようですから、余計な事を考えず
適切な、内容のあるコンテンツ作りを心がけましょう。

・フレームのページ
メニューの部分をフレームにしている人いませんか?

確かにメニューの部分をフレームにするといちいちページごとに
メニューを編集する必要がないので便利ですよね。
(Nabizも最初はフレームを使ってました。)

しかしSEO的に見るとこれは非常に不利なので止めた方がいいようです。
なぜなら検索エンジンのロボットはフレームページをうまく処理できないからです。
せっかく作ったページもロボットにすれば「なんだメニューしか書いてねぇや。次いこ。」って
事になってしまうんです。
ですからフレームは使わずにうまくコピー&ペーストを使ってメニューを作る事をオススメします。

・Javascriptは使用しない。
これもメニューに関連しての事です。
時々見かけますがメニューをJavaで作っている「オシャレな」サイトってありますよね。
ロボットはJavaを読み取ってくれず「メニューの無いサイト」ってことになってしまうみたいです。
確かにJavaのメニューって見た目はいいんですが止めておいた方がいいですね。

・CGIで訪問するたびに内容が変わるサイト
例えば訪問者が訪れるたびに(もしくは入力するデータによって)内容が変化するサイト。
占いのページなんかがこれにあたりそうですね。
人やデータ、時間によって変化する「動的ページ」はロボットには好まれません。


次はSEO対策やっておきたいことです。